仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

最近のチケット転売防止対策がバカ過ぎる。なぜ完全な解決策があるのに広まらないの?

 チケットの転売問題って、まだ解決してないんですね。いったい関係者は何をやっているのか。そもそも、なぜ転売行為が行われるかといえば、単純に「転売行為が儲かるから」ですよね。定価7千円のチケットをオークションサイトに出品したら、定価の2倍以上の値が付くことは当たり前だし、人気アーティストのチケットなら、さらに高額で売れる。

 いくら転売目的でのチケット購入は都道府県の迷惑防止条例に引っかかるといっても、実際の取り締まりは難しく(転売目的であることの立証が困難)、いっこうに転売屋は減らない状況が続いている。別に転売行為を正当化する気はないけど、ろくに取り締まりもされずに楽に稼げるなら転売して稼ごうとする人間が出てくることは、ごく自然なことだと思う。

 で、この転売問題、主催者側が考えた防止対策がこちら。

1.チケットを購入した本人しかコンサートに参加できない。(本人確認の徹底)

2.オークションサイトなどで手に入れたチケットは無効。(転売チケットの座席無効化

これって、、転売屋には痛くも痒くもないよね?確かに、転売チケットが全て無効になれば売買が成立しないので、転売屋は多少は減るかもしれない。でも、急用でコンサートに行けなくなった人まで、オークションでチケットを売れなくなったら、正常な経済活動まで制限されることになる。

 で、本人確認とか中途半端な転売防止対策をした結果がこちら。

matomame.jp

 転売防止のために本人確認を導入したら、本人以外は参加できずに空席が目立ったという記事ですね。これ、主催者側にとってもマイナスだし、ファンにとっても悲しいことだよね。転売防止対策としては完全に失敗。結局、熱狂的なファン(いくらお金を払ってでも、ライブに参加したかった人)はライブに参加できなかったわけだからね。

 やっぱり、転売防止には「転売行為が儲かる」という図式を解消しないとダメだよ。いくら本人確認を導入しようと、転売チケットの座席を無効にしようと、絶対に転売行為はなくならない。だって、転売は儲かるんだもんw。

 チケット転売問題の解決策は、チケットをオークション形式で販売すること。これにつきる。これ以外の解決策はない。オークション形式で販売すれば、転売行為が儲からないから転売屋もいなくなるし、高額でもコンサートに行きたいファンを取りこぼさない。主催者側も最大の利益を享受できるし市場原理で価格は最適化される。

 どうして、根本的な解決策があるのに、この解決策が広まらないのか、不思議でしょうがない。

外資系企業・優良企業への転職なら「転職エージェント」を利用するのが圧倒的に有利ですよ

会社の同期が転職することになり、飲みの席で転職活動について話を聞いてきたので情報共有。

転職エージェントを利用したほうが優良企業にリーチ出来る

転職活動をするとき、どの求人媒体を活用して転職活動をするのか選択を迫られるんだけど、転職エージェント>転職サイト>求人情報誌>ハローワークの順番で企業の質が下がっていくようだ。

 なぜだろう?

企業側としては求人にかけられるコストはあらかじめ決まっているわけで、外資系企業・優良企業で資本力のある会社のほうが、中小・零細企業に比べて当然人材獲得にかけられるコストも上だ。転職エージェント経由の場合、企業は内定者の年収の30%~35%をエージェントに支払うのに対して、ハローワーク経由の場合は無料。だからお金のない企業は、転職エージェントで人材募集することすら出来ない。

 では逆に、どうして優良企業はハローワークに求人情報を出さないのか?

ハローワークの求人情報の質が劣るのは、優良企業がハローワークを利用しないからだけど、無料ならハローワークを使えば良いのにね。これは、ハローワークを利用する求職者の質が劣るため、企業側にとって玉石混交の応募者を選別するコストが余計にかかり結果的にコスト高になるかららしい。

 一方、転職エージェントの場合は、CA(キャリアアドバイザー)が求職者の市場価値・ポテンシャルを事前にチェックしてくれるから、企業に紹介できないレベルの求職者には、そもそも書類審査さえ通さない。つまり、転職エージェントが間に入って求職者をふるいにかけてくれるから、採用活動にかかるコストも抑えられるというわけ。

 人材不足だから、とにかく労働者をたくさん集めたい!離職率が高くても知らん!という企業がハローワークを使って人材を募集する傾向にあるわけで、ハローワークの求人情報に嘘が多いのも、質の低い劣悪な企業が集まっている証拠だ。

 まとめると、優秀な人材、優良企業なほど「転職エージェント」を利用する傾向にあるということ。

 転職エージェントを利用するメリット

メリット1:非公開の求人情報を利用できる。

 求人情報には、公開求人と非公開求人の2つがある。非公開求人とは、「非公開」の名前の通り、一般には公開されない求人情報ということ。企業は、どのようなスキルセットを保有する人材を求めているかという情報は、競合他社には知られたくないはず。それに、誰にでも情報を公開するのではなく、求める人材にマッチした人にだけ求人情報の詳細を伝えたほうが、採用活動の効率があがる。

 だから、仕事を探している側からすれば、転職エージェントを使わなければ、自分が希望する求人情報にすらリーチできないのだ。

メリット2:面接対策、職務経歴書の書き方などのサポートが充実

 転職エージェント経由の場合、CAが面接対策や企業との面接の日程調整をしてくれる。中には年収交渉も積極的に行ってくれるエージェントもある。(内定者の年収があがれば、エージェントの報酬も増えるからか。)

 転職エージェントを利用するデメリット

デメリット1:求職者の「人間性や熱意」は相手にされない

 企業がエージェント会社に出す求職者の条件としては「学歴」「職歴」「性別」など。いくら希望する会社に募集したくても、エージェントがフィルタをかけてしまい、「あなたには紹介できません」と門前払いされるケースすらある。つまり、その人の人間性や熱意は全く相手にされないというドライな世界なのだ。「学歴」「職歴」に自信のない方は転職エージェントを利用しないほうが良いだろう。

 

amazon go(アマゾンGO) の仕組みはamazonが取得した特許を読めば解明できる。

店内でのレジ会計が不要となる次世代スーパー「Amazon Go」のニュースで持ち切りですね。

Amazon Go とは?

アマゾンが12月5日に発表した次世代スーパー(コンビニ)で、これまでのレジ会計を一切不要にしました。これでレジの行列に並ぶ必要もなく、ストレスなく買い物ができます。お客は、アマゾンの専用アプリをインストールしたスマホを持って店内に行き、欲しい商品を選んで、そのまま帰るだけ。会計は帰宅後に請求される仕組みです。

www.youtube.com

Amazon Go の仕組みは?

Amazon Goの仕組みの詳細情報はまだ非公開です。海外のサイトでは、Amazon Goがどのようなテクノロジーを利用しているのか、アマゾンが保有する特許から考察しているサイトが多いようですね。棚に設置されたカメラ、センサー、そしてRFIDによって、顧客が手にした商品の判別はできそうです。しかし、「同時に複数の客が、同じ商品を手にしたり戻した場合」には、店内で誰が商品を持っているかを正確に判別するのは難しそうです。一番確実なのは、全商品にICタグを埋め込んで、お店のゲートを通過するときに商品を識別する方法ですが、コストがかかりそうです。

Amazonが取得した特許

Amazonが取得した特許は、「Transitioning items from a materials handling facility」特許番号:US20150012396 A1です。

 

f:id:shigoto783:20161224221452p:plain

コンビニではレジ打ちの仕事がなくなる?

 Amazon Goのシステムを導入するには、センサーやRFIDの技術を導入する必要があるので、導入コストがかかりそうです。人件費よりシステム導入/運用のコストが低くなった時点で、Amazon Goの仕組みは一気に広がりを見せるでしょう。

 昔は駅員さんが切符をパチパチしていたのが、いなくなったように、今後はレジ打ちの仕事が機械にとって代わられそうです。

愛をもってブラック企業を是正してください。

ブラック企業を是正しろ!」と正論を吐くのは簡単だが、会社が潰れたら従業員はどうなるの?その発言に愛はあるの?という提唱。

anond.hatelabo.jp

 確かに「残業時間を減らせ!それができないなら、そんな会社は潰れろ!」と声高に叫ぶのは簡単だ。誰だって言える。ただ単に労働時間を減らすだけでは、中小企業などの資金繰りに余裕のない会社は、倒産リスクは高まるだろう。倒産リスクが高まれば、従業員は職を失う可能性も高まる。

 ブラック企業を是正したい、でも会社を倒産させたくない、そんな気持ちがあるなら、なおさら愛をもってブラック企業を是正してください。労働時間が少なくても利益をあげている企業はあるでしょう。

他人事と捉えて冷たい正論を言う前に、愛を持って悩むべきじゃないのか

 愛を持って悩んだ結果生まれたのが、ドイツやアメリカの生産性を重視した働き方。2006年~2010年における非製造業の労働生産性の年間伸び率は、ドイツ、アメリカが0.5-1.0%を保っているのに、日本は横ばいで推移している。つまり、日本人は労働生産性をあげようと努力していない、もしくは努力しているのに生産性があがらない(ダメな子)なのだ。

学者や専門家が「ブラック脱出モデル」をいくつか考えるべき

すでに利益と競争力を確保し続けるモデルなどは、書籍として出版されているから目を通してほしい。最強の業務改革―利益と競争力を確保し続ける統合的改革モデル

日本では男性の育休が取れないとか、復帰が難しいとか、それ「個人の感想」だよね?

育休後に退職された方の記事を読んだ感想。

www.papanda-life.com

この方は、どうして退職の道を選んだんだろう?会社が退職強要をしたとか、会社が労働者に不利益な扱いをした、といったわけでもなさそう。ブクマのコメント欄でも、「定時退社をしたら退職するハメになった」とか「悪いのは会社」とか理解不能のコメントで溢れている。

 まず考えることは、会社の行為が「違法なのか、適法なのか」じゃないのかな?そうしないと判断基準がぶれて、何を言っても「それは個人の感想だよね?」ということなってしまう。

 

男性は育休を取るのが難しい?育児休業制度(法第5条~第9条)には、

労働者は、申し出ることにより、子が1歳に達するまでの間、育児休業をすることができます。

とあります。だから、男性で育休を取りたい人は、会社に申し出をすればいいんです。それで会社から育休の取得は前例がないからダメだとか断られたら、労働審判に申し立てをすればいいんですよ。「法律を基準に物事を考える」クセがついていないから、育休を取るのが難しいとか、復帰が難しいとか、個人的な感想がずらずらと出てくるんだと思う。

「日本終わってる」なんて、日本が法治国家でなくなってから言う言葉だよ。

 

【要約】決めた未来しか実現しない 本田 健

 自分の人生、「こうなりたい」という未来の一点を「決めた」とき、現実は変わる。世の中にある「願望達成方法」を分類すると、明確な目標と期限を決めて努力していく①目標達成型、願ったものが自然と引き寄せられる引き寄せの法則、神様にお願いすると願いが叶うとする③お祈り型がある。本書では、この3つ全ての「いいとこ取り」の願望達成方法を紹介している。

 一見偶然に見える出来事(シンクロニティ)が人生をつくっており、この偶然をうまく活用することが大切。「未来の一点」を決めると、私たちの心がつながっている(集合的無意識)ため、周囲の人間が自然と助けてくれる。

 願望を実現に導く四つのステップ→1.願望を明確に。2.未来の最高のイメージを大切に。3.ランデブーポイント(最高の未来と、願望実現に必要なものの交差点)を設定。4.ワクワクを追いかけて次元の高いステージに。

 

 迷ったら怖いものかワクワクするものを選び、人生の次元を上昇させる。積極的に出会いを求め、人望と人気の両方を得る工夫が必要。自分だけの利益、他人から嫉妬されるもの、誰かを犠牲にするものは避ける。人生には、望むものを手に入れる楽しみ、今あるものに感謝する楽しみがある。

 人生の主人公はあなた。自分を労わる気持ちを忘れないように。豊かな人生の秘訣は「ただ与える」こと。 

 

都知事選 2016 候補者をタグクラウドで表現してみた

小池 百合子

64 無所属 (元)衆院議員 防衛相 キャスター ネトウヨ 靖国参拝 宣戦布告 既得権益にメス 五輪関連予算の適正化 都議会の冒頭解散 利権追及 待機児童ゼロ 健康寿命延伸 ペット殺処分ゼロ グラミン金融 透明化 

 

増田 寛也

64 元総務大臣 岩手県知事 自民党推薦 西松建設疑惑 利権 待機児童問題解消 首都直下地震対策 東京大学法学部卒 財政再建 知事経験 外国人参政権推進 自民都連 地方創生 (元)東京電力社外取締役  

 

 鳥越 俊太郎

76 ジャーナリスト (元)関西大教授 (元)毎日新聞記者 オーマイニュース ガン検診100% 野党統一候補 SEALDS 左翼 脱原発 反日 住んで良し 働いて良し 環境に良し