読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

複利計算を理解している日本人は28.7%だけという調査結果は本当か。金利2%の銀行口座に100万円を入れたら5年後にはいくらになっているか?

まず、次の質問に回答してください。

100万円を預貯金口座に預け入れました。金利は年率2%だとします。また、この口座には誰もこれ以上お金を預け入れないとします。5年後には口座の残高はいくらになっているでしょうか。つぎの中から正しいものを選んで下さい。

  1. 110万円より多い
  2. ちょうど110万円
  3. 110万円より少ない
  4. わからない

 これは、2011年に実施された「金融力調査」の質問の1つで、日本人の正答率は28.7%だったそうです。この結果から、日本人は複利について理解していないと結論付けるブログがありますが、本当でしょうか?

 私が、この質問と選択肢を読んだときに考えたのは「前提条件の記述がないので、問題として不適切だけど、出題者は(1.110万円より多い)と回答して欲しいんだろうな」ということ。この質問は、次のような前提条件が記載されていないと、(4.わからない)と回答する人も多くいるはずです。

・「1年複利」で年率2%の運用を5年間する。

・税金については考慮しないこと。

 ですから、この質問の正答率が低いからといって、諸外国(ドイツは47%、イギリスは37%が正解)と比べて日本人の金融知識が極端に低いという結論にはなりません。と思って、金融力調査のソース(PFD)を確認したところ、しっかりと注釈が書いてありました。

複利についての正答率としては、「では、5年後には口座の残高はいくらになっているでしょうか。」という問いに対して「110万円より多い」と回答した割合を挙げている。但し、対象預貯金の商品性が明示されていないため、正解以外の回答者の中には、預貯金の商品性や税務等を考えて回答した者がいる可能性がある。 

 しかも正答率は、28.7%ではなく30.5%と書いてある・・。この日本人の正答率28.7%というのは、どこから出てきた数字でしょうかね。。

(追記)gyogyo6さん、コメントありがとうございます。28.7%というのは「1年後には102万円」かつ「5年後は110万円超」と答えた割合とのこと(資料26ページ)ということですね。

宙に浮く盆栽「空中盆栽(Air Bonsai)」がクールだったので自作してみた。その仕組みは?

クラウドファンディングクリエイターや起業家がネット上で資金調達をする仕組み)のKickstarterで支援を募集している「空中盆栽」。文字通り、空中に浮かぶ盆栽のことで、インテリアとしてもカッコいい。

f:id:shigoto783:20160123185900j:plain

空中浮遊する盆栽(出典:Kickstarter)

 

2016年1月25日時点で、目標金額8万ドルに対して10万ドルの出資金が集まっており、プロジェクトの開始が決定しました!盆栽を空中に浮かせる仕組みは単純で、磁石の反発力を利用しています。エアー盆栽は、リトル・スターと呼ばれる内部に磁石の入った苔玉と、エナジー・ベースと呼ばれる磁石を浮遊させるための装置(電源が必要)から構成されます。

f:id:shigoto783:20160125082053j:plain

数量限定の「白椿」は海外からも人気が高く、すでに完売のようです。(20個限定で1個$500)。商品が桐箱に入っていて、手作りの盆栽がセットというのが、人気の高い理由でしょうか。

f:id:shigoto783:20160125082701j:plain

私は「商品化まで待っていられない!」ということで、自作したのがこちら↓。

f:id:shigoto783:20160123190329j:plain

(枯れた苔玉がいい味を出してますが、クオリティは公式サイトに遠く及ばず・・)

普段は日本人の働き方に対して文句ばかり言っている私ですが、海外で活躍している日本人を発見すると嬉しくなります。

 

(追記)

磁力を使って盆栽を浮遊させたい方は、「レビトロン・レボリューション」という装置で実現できそうです。

再発防止策の考え方(廃棄食品の不正転売問題から考える)

カレーハウスCoCo壱番屋を運営する壱番屋は、廃棄したビーフカツなどを産業廃棄物処理業者のダイコーが不正に転売していた問題について、再発防止策を発表しました。

ダイコー株式会社による当社廃棄食品の不正転売問題を受けての再発防止策について

不正転売が再発しないための防止策を要約すると:

■ 製品そのままの形での廃棄は行わず、堆肥の原料に混ぜる。
■ 製品の形のまま廃棄する場合は、産廃業者の処理まで壱番屋社員が立ち会い、全量が処理されたことを目視確認する。
■ 新たな産廃処理業者の選定は慎重に行う。

 残念ながら、この再発防止策は悪い再発防止策の見本です。なぜなら「社員の立会い、目視確認」という人に依存した対策が含まれているからです。これでは、社員の負担を増やし、管理コストの増加を招くだけです。再発防止策に、人間による「ダブルチェック」という考えが出てきたら、それはやってはいけない対策ということを覚えておきましょう。

 例えば、もし郵便局員によって郵便物が不正に破棄されてしまった場合、再発防止策として、ダブルチェックのために配達員を2名体制にするでしょうか?あるいは、あなたは郵便物が宛先住所に届いたことを目視確認するでしょうか?

 以下の「日本の労働生産性が低い理由」の記事でも触れたように、問題の対策については「最もコストがかからずに効果的な方法」を考えましょう。

shigoto783.hatenablog.com

 一方、良い再発防止策とは、「誰もその問題を意識しなくても、問題が発生しない対策」です。廃棄食品に関しては「不正転売について誰も意識しなくても、転売が発生しない対策」が良い対策ということです。具体的には、現実味は薄いかもしれませんが「廃棄食品の数をゼロにする」などは非常に良い再発防止策です。業者が転売しようにも、転売する商品がないのですから、不正転売の問題が発生する隙がありません。もう少し現実的な線では、「不正に商品を転売をした場合、多額の損害賠償を食品会社に支払う」という契約を産廃業者と交わすなどです。不正転売が発覚した場合に、食品会社側に利益が発生する仕組みですね。

 これから再発防止策を考える方は、是非「人間を介在させない防止策」を策定してください。それが、日本の労働生産性向上にもつながるはずですから。

日本企業の「社員のやる気を引き出す方法」が信じられない。外資系企業と比較してみる。

 

f:id:shigoto783:20160118143701p:plain

(日経ビジネス 2016.01.18。画像は「2chまとめサイト」から転載)

 

日本企業が考える「社員のやる気を引き出すための施策」の一例を紹介します。

・家族が参加できる大運動会!

・新入社員が社員旅行を企画!

・社内報に毎号、全社員が登場!

・・・・

ここに掲載している方法で、皆さんは仕事のやる気が出ますかね・・?(私は100%出ません)おそらく人事部の人たちが会議室に集まって、社員のやる気を引き出すにはどうすれば良いのか知恵を絞った結果なのでしょうが、「労働意欲の向上」については先行研究が数多くなされているのですから、わざわざ会議室で話し合う必要はありません。

 

社員の労働意欲を向上させるには、
 1.昇進による賃金の上昇
 2.企業業績の向上
 3.能力開発の機会増加
 4.裁量の大きさの拡大
 5.ストレスの少ない労働環境
 6.仕事による充実感
 7.希望のあるキャリア見通し
などが重要であることが、研究によって明らかにされています。

 

 日本企業も労働意欲の向上と関連性が認められていない「運動会」などは控えましょう。確かに、社員が運動会に参加することによって、部署間の横のつながりが強化されたり、社員同士のコミュニケーションがしやすくなるというメリットはありそうですけど、「社員のやる気向上」を目的とした施策としてはNGなわけです。

  外資系企業では、ここにあげた7つの項目を前年より少しでも向上させていくよう努力しています。そうしないと、優秀な人材を会社に引き止めておくことが出来ないということを、よく理解しているからでしょう。

風邪で会社を休むのは当たり前。仕事を休めないことが前提になっている日本の風邪薬のCMはおかしいよ。

風邪で会社を休むのは当たり前

 風邪を引いて体調が悪いのに無理して仕事をした場合、仕事の効率は落ちるし他人に風邪をうつすかもしれない。だから、風邪を引いたら会社を休んで家で安静にするというのは当たり前なんです。「風邪で会社を休むと、周りに迷惑をかける」という人がいます。でも一人が欠勤しただけで仕事が回らなくなるなんて、会社としての体制や仕事のやり方がおかしいんですよ。

 自分の体調よりも仕事が優先なんてありえない。何年も仕事をしていると「どうしても休めない日」というのは確かにあります。それでも、そんな日は数年に1回あるかどうかの頻度ですから、風邪を引いても仕事をするというのが常態化しては絶対に駄目なんです。

 日本企業にはない外資系の強さを紹介しましょう。それは、ある社員が突然2~3週間の休暇をとっても、周囲の人にはほとんど影響が出ないということ。これは、突然退職する社員がいても会社が問題なく運営できるような体制が整っているからです。それでいて有給の取得日数や社員の給料は日系企業よりずっと上です。日本人が風邪でたった2~3日の休暇も取れないということが、外資系企業に勤めている人から見ると異常なことなんです。

 風邪を引いても会社を休まず仕事をする。こんな日本企業のやり方でも、会社の業績が好調で給料も右肩上がりというなら、私もここまで批判しません。でも今の日本は労働生産性は低い(OECD先進7カ国中で最低)し、GDPでも中国に追い越される始末。大企業でも業績が悪くてリストラを敢行しないと生き残れないという厳しい現実があるわけです。私が日系企業から外資系企業に転職して気づいたことは、日系企業で働いている人たちの多くは、確かに一生懸命に努力しているけど、その努力が空回りしているように見えるということ。もっと効率の良い仕事の仕方があるのに、変な慣習に囚われて非効率な働き方をしたり、「仕事を取捨選択すること」が怠けているとネガティブに受け止められたりする。

風邪で会社を休めないのは、従業員が頭を使っていないから

次のAとB、頭を使うのはどちらでしょう?

 A.風邪を引いて体調が悪くても仕事をすること

 B.従業員が2~3日会社を休んでも問題のない組織にすること

体調が悪くても仕事をすることは、気合さえあれば誰でも出来ます。一方、誰かが休んでも組織に影響を出さない体制にするには、生産性を大幅に向上させたり、業務内容を見直したりと、非常に困難で頭を使うわけです。

 この「生産性向上・業務内容の見直しという困難さ」から日本人が逃げたことが、「風邪を引いても会社を休めない」という悲劇を招いたのだと思います。頭を使わず体を使うという仕事観が日本人に染み付いていることは悲しいことです。

日本の風邪薬のCMはおかしい

 日本の風邪薬のCMは、薬を飲んで仕事を頑張ろうというストーリーが多いですね。普通は、「風邪薬を飲んでベッドでゆっくり休みましょう」のはず。日本が異常だということが一瞬でわかる画像を用意しましたので、ご自由にお使いください(拡散希望)。

f:id:shigoto783:20160108210543p:plain

大企業に勤める友人から、「イケダハヤト」のようにブログで生計を立てたいと相談されたら、どう答えるべきか。

ブログで稼ぐ人たち

 ブログを書いて広告収入を得る人が増えてきました。ブログを書く人たち(ブロガー)には、本業のかたわらブログで副収入を得る「兼業ブロガー」、ブログによる収入で生計を立てている「専業ブロガー」、芸能活動をしながらブログを書いて月に何百万円と稼ぐ「有名人ブロガー」など、さまざまなブロガーがいます。

 ブログの執筆は時間や場所に縛られないため、好きな時間、好きなところで記事を書いてお金を稼ぐことが出来るということで、副業の中でも人気があるようです。ただし、初心者でも簡単にブログを公開できるため、ビジネスとして考えると「参入障壁が非常に低いため、競合が多くて収入が不安定」というデメリットがあります。ブロガーたちの世界では、半年後の収入が今の半分なんてことは日常茶飯事ですから、小説家や漫画家に近い生き方といえるでしょう。

収入の安定性と給料の関係

 定年まで今と同等(もしくはそれ以上)の給料が保障されている場合は「収入の安定性は高く」、半年後の収入も予想できない場合は「収入の安定性は低い」と考えます。公務員の場合、罪を犯すなど余程のことをしない限り定年まで給料は支払われますから、安定性は抜群に良いわけです。大企業に勤める場合、企業が倒産すると収入が途絶えてしまうので、公務員よりは安定性は低くなります。

 収入の安定性と、給料の関係を図に示すと次のようになります。

f:id:shigoto783:20160102151006p:plain

(※専業ブロガーであるイケダハヤト氏の年収は560万円ほど

この図から、「医師」は安定性・報酬共に高く、多くの「ブロガー」は不安定・薄給であることがわかります。ただし、ブロガーは人によって月収0円~100万円と報酬の幅が大きいため縦に細長い形となります。

大企業勤務からブロガーになるのは簡単だが、その逆は難しい

 ブロガーの参入障壁が低いということは、大企業勤めからブロガーになることは簡単です。「1.退職する」「2.ブログを書く」たったの2ステップ。一方、大企業に就職することはハードルが高いので、普通のブロガーが大企業に就職することは難しいということは認識しておきましょう。つまり、大企業を辞めてブログで食べていくということは、片道切符であり二度と後戻り出来ません。(20~30代で実力があれば、大企業→ブロガー→大企業という可能性も僅かながら残されている)

まずは働きながらブログを書いてみること

 イケダハヤト氏は、大企業なんてさっさと辞めて高知で一緒にブログを書こうと無責任な発言を繰り返してますが、彼は大企業勤務という素晴らしさを認識していないのでしょう。大企業勤めの人は、まず1日1時間ほどブログを書いてみて、1年後にどれくらい稼げるのかを見てから判断しましょう。1年後にブログで10万円稼ぐことが出来たならば、専業ブロガーとなってブログ執筆に10倍の時間(毎日10時間!)を費やせば年間100万円くらい稼げるかもしれない。

 

住友不動産販売の評判(転職/営業)がヤバイ

仕事の悩み

こちらの記事を読んで愕然としたので紹介。

blog.livedoor.jp

 就職氷河期を乗り越え、住友不動産販売の内定を勝ち取ったフジノ氏。豪華な内定者パーティに誘われ、自分は価値ある人間だと思い込むが、その自尊心は長くは続かない。

 最初の配属先で任された仕事は「チラシのポスティング」。このチラシは、ポスティングのバイト(安い時給)募集用のチラシだから、貧困地域、老朽化が進んだアパートなどへのポスティングが主な配布先となる。汚い場所で、住民に怒られるかもと怯えながら、日付が変わってからもポスティングをする日が続く(彼の手記によると、1週間連続で朝の4時までチラシを配っていたようだ。)そして、毎日無言でポスティングをしているうちに、人との会話を無くし、うまく話す事ができなくなってしまってたと彼は語る。さらに、彼は職場で非人道的な扱いを受けていたようだ。

先輩から『お前がもっとチラシ撒かねーから売上たたねーんだよ!』と怒鳴られたり蹴られたり、まるで人間ではないかのような扱いに、僕はすっかり人間不信になっていました。入社したから半年経つと仕事量が多くなり、休日は月に2日休めればいいくらい、夜はほとんど日付が変わってから終わる、ということが常態化するようになりました。 

 会社選びで重要なのは「職場環境」だと私は思う。尊敬できる人たちと会社のビジョンを共有して前向きに仕事が出来る環境なのか。はたまた、彼の勤めた会社のように先輩から怒鳴り散らされ、暴行を受けるような環境なのか。

 効率の悪い仕事を明け方まで繰り返していた彼は、ついに自決を図ることに。

新年早々、僕は壊れました。なんだか生きてるのにも空しさを感じ、手首や腕を剃刀で切りまくり睡眠薬を2箱飲んで、「死んだほうがましだ」と思うくらいの頭痛に悩まされ、胃が壊れるくらい過食をして、全部吐き戻すことを繰り返してました。

 事の顛末は彼のブログを読んでいただくとして、このようなブラック企業の情報はネットで公開・拡散していこう。日本からブラック企業を無くすには「ブラック企業の存続は決して許さない」という強い意思表示が必要なのだ。