読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

有給休暇の取得は労働者の権利。有給取得率100%を目指そう。

 「有給休暇を取得しづらい」「有給休暇の取得について、詳細な理由を求められた」。日本では、こんな悩みを抱える労働者が大勢いるそうだ。

 仕事で悩んだ場合は、まず「法律」と「労働契約」を確認する癖をつけることをオススメする。仕事は、労働者と雇用者間の労働契約で成り立っているのだから、労働契約上どうなのか、これを基本に物事を考えるのだ。

 労働基準法では、有給休暇について下記のように定めている。

使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

 しっかりと法律で決まっているのだから、我々は堂々と有給を取れば良い。有給を取得することによって、周りに迷惑がかかるという方、そもそもあなたが会社を休んだだけで周囲に迷惑がかかるようならば、そのような労働環境がおかしいという意識を持つべき。そして、社員全員が有給取得率100%でも会社が存続できるような企業体質にしよう。

 日本人の四分の1が、有給を取得することに罪悪感を抱いてしまうそうだ。日本人は、自分の権利を主張するという「当たり前のこと」が苦手な国民性なのだろうか。