仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

教員の残業に関するニュースを考える。裁判の判例と、世間の反応は?

1.ニュース記事

横浜市教育委員会が今年、市立小中学校に通う子どもの保護者に、教員の長時間労働解消への協力を求める異例の文書を出していることがわかった。市教委の調査(2013年度)では、教員の労働時間は週に平均約62時間と、法定労働時間(週40時間)を超える。1か月に換算すると残業は約90時間。中学教員だけでみると、残業は月に約102時間になる。(読売新聞/2015年06月22日)

教職員の残業時間が、これほど多いとは知りませんでした。過労死ラインの残業時間が月80時間ですから、長時間労働による健康被害が表面化してもおかしくないレベルです。

 

2.裁判の判例

教員が学校に対して、超過勤務の損害賠償請求をしましたが、最高裁は原告の訴えを退けました。以下、判決文からの抜粋です。

育職員の時間外勤務は,それが自主的,自発的,創造的に行われるものではなく,校長等から勤務時間外に強制的に特定の業務をすることを命じられたと評価できるような場合には,違法となるものと解される。

 つまり、校長などから強制的に業務を命じられたという証拠がない限り、時間外勤務を違法とするのは難しいようです。時間外勤務について裁判で争う場合は、勤務が自主的に行われたと解釈されないように証拠(業務命令のメールなど)集めをしておきましょう。

 教職員の時間外勤務が争点となった裁判事例は、裁判所 | 裁判例情報のサイトで「教職員」「時間外勤務」などで検索すると、数多くヒットします。

 

3.世間の反応

・残業容認派の意見

桃原 靖和 · モモハラ電機部品株式会社 代表取締役社長
また 教育委員会か.......ブラック企業とか言われるかもしれんけど、零細企業はもっとはたらいてまっせ、我が国の労働者の9割程は中小零細企業で頑張ってますよ。公務員は世間を知らんすぎる。

Reiji Yamaguchi
月50時間以上程度の残業で税金使ってて甘えてんのか
民間なんかただ残業立法寸前だぜ?
毎日2~3時間程度だろ?
おまえら まるまる一年仕事しまくってるのか?
横浜はバカでないのかw

・残業否定派の意見

杉田 靖典 · 埼玉県 さいたま市
逆に教員を増やせと要求しないのだろうか。

日本は「人財立国」という共通認識がないのかな。
教育への公的支出(対GDP比。2011年)では、日本は3.8%で
OECD32カ国の中で5年連続最下位になっている。
なんとデンマークノルウェーの半分以下しかない。
都市部でも「25人学級」を目指して、教員を増やすべきだ。
ただし、非正規雇用での採用はなしで。

 

4.まとめ

 まだ日本には「残業容認派」がいるようです。教職員の残業・ストレスを減らす対策を早急にうつ必要があるのに、これでは何も変わりません。

 

 最後に、超過勤務とストレスが原因でうつ状態になった教職員が、自殺直前に記載したと思われるメモを掲載します。
    a  お母さんへ。学級がしんどくなったのは事実だ。夏まではなんとかのりきったのだけ(ど),特に2学期に入って荷が重い。本当のわけはお母さんにも話してないが,逃げたと思われてもしかたない。いつも不満申しわけなかった。20年間ありがとう。
    b  <長女>へ。がんばって希望の大学へ入学することを願っている。こんなとき一番しっかりしなければならないはずのお父さんがつらい。いつもお父さんをてつだってくれてありがとう。
    c  <長男>へ。お父さんをいつこえるか期待していた子だった。でもこんなお父さんを越えたって何もならない。体のことでおまえにつらい思いをさせたことを考えれば比べものにならない。父をゆるせ!。
    d  <二男>へ。おまえのかわいい声いつまでも聞きたかった。たくさん食べて大きくなれよ。医学の本を読んで,こんなつらい病気とは知らなかった。知らなかったのがこの病気なのかな。偏見があるのを知らなかった。この病気と戦うという気持ちがいらん結果にならなければよいが。

平成23年 第36号 公務外災害認定処分取消請求控訴事件より)