仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

職場の飲み会の悩みを解決!(断り方・行かない・強制)

職場の飲み会に行きたくないとき、皆さんはどのように断りますか?「荷物が届く」「先約がある」「体調不良で・・」などの断り方を紹介しているサイトがありましたが、あまりウソをついて飲み会を断るのは良くないと思います。

 

私が飲み会に行きたくないときの断り方は、

「あ、今回は不参加でお願いします。」

これだけです。

 

その後、飲み会に参加しない理由を聞かれることもありませんし、参加しないことによって業務に支障が出ることもありません。幹事の方も、「はーい。わかりましたー」で終了。

 

 日系企業にお勤めの方で、飲み会が強制参加だから断れないという悩みを抱えている方もいるようです。すいませんが、私には「強制参加」の意味がわからないのです。「今回は飲み会に行きません」と伝えても、両手両足を縛られて強制連行されるのでしょうか?自分の足で居酒屋に行きますよね。協調性に欠けると思われようが、自分が行きたくないのであれば、無理に参加する必要はまったくないです。

 無駄な飲み会に参加するくらいなら、業務終了後は「英語の勉強」「ビジネススクールに通う」「資格取得の勉強」といった自分の成長のために時間を使ったり、「家族とすごす」「子供と遊ぶ」といった家庭のために時間を使うほうが有意義な気がします。

 

 かといって、私は会社の飲み会がすべて無駄とは考えていません。仕事でお世話になった方には、送別会でお礼の気持ちを伝えたいですし、新しい仲間を迎えるための歓迎会には参加します。たまに同僚や上司とお酒を飲みながらコミュニケーションを取ることも大切だと思います。

 ですから、職場の飲み会についての選択肢としては、

①参加しない

②参加するのであれば、前向きに、有意義な時間をすごす

のどちらかです。貴重な時間を使って飲み会に参加して、上司の愚痴を言って憂さ晴らしなどはやめましょう。