読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

シンガポール旅行(マリーナベイサンズ・ホテル宿泊)を3倍楽しむ方法[2015年度版]

雑記

4泊5日でシンガポール旅行をしてきましたので、シンガポール旅行を楽しむ方法を紹介します。

事前に情報を集めすぎないこと

 日本で販売されているガイドブックの多くは、きれいな写真付きでシンガポールの魅力を紹介しています。マリーナベイサンズ・ホテル屋上プールからの眺望や、煌びやかなライトショーなど、プロの写真家が最高のタイミング・機材で撮影した写真は、映画でいうと「完全なネタバレ」に相当するものです。旅行前にシンガポールの魅力ある写真を数多く見てしまうと、旅先での感動が半減してしまいます。

 旅行前にショーの時間を調べたり、交通手段を考えておくことは、限られた時間でシンガポール旅行を満喫するのに必要ですが、あまり写真付きのガイドブックで情報を集めすぎないように。

マリーナベイサンズ・ホテルの部屋の選び方

 マリーナベイサンズ・ホテルは、一般の客室4タイプと、スイートが5タイプの計9タイプの部屋があります。各部屋の特徴・料金はこちらのサイトに良くまとまっています。もっともコストパフォーマングが高いのは、料金4万7千円前後の「プレミア・ルーム」(2番目に安い)です。ホテルの中で最安の「デラックス・ルーム」はバスタブが付いていないので、ホテルで旅の疲れを癒すのに不向きかもしれません。

 ホテルのサービスは「いたって普通」です。マリーナベイサンズホテルはカジノホテルですので、日本のホテルのようなサービスは期待しないほうが良いです。ホテル内にある冷蔵庫を使いたい場合は「I would like to use a refrigerator in my room.」で通じます。冷蔵庫内の飲み物を上1列分だけ取り除いて、空きスペースを確保してくれました。

カジノの遊び方

 シンガポールには、マリーナベイサンズ・ホテル近くと、セントーサ島の2箇所にカジノがあります。パスポートを持って、短パン・サンダル以外の服装でカジノに行きましょう。カジノに使える予算が1~3万円ですと、あくまで「初めてのカジノ体験」が出来るといったところ。最低いくら賭ければ1回プレイできるか(最小ベット金額)はプレイするゲームの種類によって異なり、スロットであれば現金2SD(シンガポールドル)~、テーブルゲームはルーレットは1チップで10SD(約900円)などが一般的です。テーブルによっては最小ベット金額100SDなどもあります。

 カジノが初めての方は、まずは現金10SD(約900円)くらいを使ってスロットで遊ぶ。その後、ルーレットで10チップ(約9,000円)くらい使って遊ぶ感じでしょうか。

その他(禁止事項、服装、治安)

 シンガポールは、日本からガムを持ち込むことも禁止しています。電車内での飲食、トイレの水を流さないこと、道端でのごみ捨てなども禁止(罰金)ですので注意しましょう。

 服装は、日本の夏と同じで、ホテルやレストラン内では冷房が効いていて寒いことがあるので、羽織るものを1枚持っていきましょう。

 シンガポールの治安は非常に良いですが、スリやぼったくりに注意しましょう。新宿・歌舞伎町くらいの治安だと思って旅行するのが良いでしょう。