読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

給料が低いから会社を辞めたい!給料をあげる方法2つ。

仕事の悩み

 年齢と共に給料が右肩上がりで上昇する時代は、完全に終わりました。これからは、勤続年数ではなく「会社への貢献度や成果」で給与が決まる傾向にますます拍車がかかることでしょう。さて今回は、自分の給料に納得が出来ず、給料が低いと感じているビジネスマンの悩みに焦点を当てて考えてみます。

 一般に「給料が低い」というのは、次のどちらかのパターンに当てはまります。

1.今の会社で、正当に評価されずに給料が低い

  あなたは、いま年収500万円の市場価値があるビジネスマンだと仮定します。たまたま、あなたが今の会社から正当に評価されずに給料が500万円以下である場合、これは転職すれば自然に給料が上がる(あなたの市場価値に近づく)パターンなので安心してください。転職エージェントに登録し、あなたの市場価値を正しく判断してくれる会社に転職すれば、問題は解決します。

 または、給料を上げてもらうよう会社と交渉することも検討しましょう。自分はもう少し給料をもらって良いと、上司に相談するのです。「今の会社の業績では、申し訳ないが昇給は難しい」こんな回答が返ってきたら、遠慮なく給料の良い会社に移りましょう。

2.あなたの市場価値が低くて給料が低い

 あなたの能力や経験が不足している、他人と比べて秀でたものがない、このような場合、他の会社に転職しても給料は変わらない可能性が高いでしょう。転職回数が多いことは日本の労働市場では不利になるので、何度も転職を繰り返すことは控えたほうが良いです。社会から求められる人材像を調べ、高い給料で雇ってくれる人になるための努力・行動が必要です。

 

 さて、給料が低いときに考える2つのパターンを取り上げましたが、いづれも「自分の市場価値」がキーワードになります。つまり、あなたが再就職したときに「会社は、あなたにいくらの給料を払えるか」ということですね。こればっかりは、市場動向や業界によっても大きく変動しますので、一概に述べるのは困難です。

 もっとも確実なのは、転職エージェントのサイトに登録し、自分の経歴や経験を担当者に包み隠さず伝え、自分はどのくらいの給料の会社に転職可能かを打診することです。インターネット上の情報は、給料の平均値や偏った口コミ情報などしか得られないことが多いため、参考程度にとどめましょう。

 

給料が上がるという理由だけで転職して良いのか?

 「相応の報酬をいただきたい」。これはビジネスマンにとって自然な考えです。しかし、転職後の給与だけで転職を決断するのは少し危険です。極端な話をすれば、転職した後の1年間は給与が1000万円で、2年目以降は完全な成果給(年収300万円以下になる可能性あり)といった場合、生涯賃金で考えると前職のほうが上であった可能性もあるからです。退職金の有無、勤続年数による賃金カーブ、福利厚生の有無、こういった情報も考えておかないと、転職後に後悔することになるので、気をつけましょう。

 

 転職した先の会社での「働きやすさ(風通しのよさ)」、「やりがい」、「人間関係」など給与以外のことに対する考え方は、また別の機会で記事にしようと思います。