読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

優秀な人材が外資系企業に集まる理由3つ

 日本企業はもっと危機感を持ったほうが良い。海外では、日系企業で働くことへの憧れが急激に失われている。「日系企業は労働時間を守らない」、「優秀な労働者でも安く雇えると思っている」、「契約にない仕事(雑用)をさせられる」など諸外国から批判の声が上がっている。

 こんな状態だから、日本でも優秀な人材はこぞって外資系企業を目指すのだ。優秀な人材が外資系企業に集まる理由は3つ。

日系企業より外資系企業のほうが給料が高い

外資系企業は本人の能力・成果の見合った給料が支払われる。その結果、優秀な人は日系企業で働くよりも給料が高くなる傾向にある。Googleが東大新卒に年収15万ドルを提示した話が有名だが、優秀な人材を獲得するには、相応のサラリーを支払わなければならないことを外資系企業はよく理解している。

無駄な仕事(雑用)が少ない

外資系には、本人の年収に見合った仕事をするのが当たり前という文化がある。例えば、年収1,000万円の従業員が雑用などしていたら、それは「会社にとっての損失」と捉え、当然のことながら本人はマイナス査定を受ける。年収1,000万円の人材が、年収300万円の仕事をしてはいけないのだ。

能力の低い上司がいない

私が外資系企業に転職してから、上司の愚痴を言っている社員を見たことがない。上司の権限が強くて、愚痴など言えないのかもしれないが、上司の能力が自分よりも数倍は高いので、愚痴を言う必要がないのが本音だろう。愚痴を言っている暇があったら、能力を磨け、鍛えろということか。