読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

複利計算を理解している日本人は28.7%だけという調査結果は本当か。金利2%の銀行口座に100万円を入れたら5年後にはいくらになっているか?

まず、次の質問に回答してください。

100万円を預貯金口座に預け入れました。金利は年率2%だとします。また、この口座には誰もこれ以上お金を預け入れないとします。5年後には口座の残高はいくらになっているでしょうか。つぎの中から正しいものを選んで下さい。

  1. 110万円より多い
  2. ちょうど110万円
  3. 110万円より少ない
  4. わからない

 これは、2011年に実施された「金融力調査」の質問の1つで、日本人の正答率は28.7%だったそうです。この結果から、日本人は複利について理解していないと結論付けるブログがありますが、本当でしょうか?

 私が、この質問と選択肢を読んだときに考えたのは「前提条件の記述がないので、問題として不適切だけど、出題者は(1.110万円より多い)と回答して欲しいんだろうな」ということ。この質問は、次のような前提条件が記載されていないと、(4.わからない)と回答する人も多くいるはずです。

・「1年複利」で年率2%の運用を5年間する。

・税金については考慮しないこと。

 ですから、この質問の正答率が低いからといって、諸外国(ドイツは47%、イギリスは37%が正解)と比べて日本人の金融知識が極端に低いという結論にはなりません。と思って、金融力調査のソース(PFD)を確認したところ、しっかりと注釈が書いてありました。

複利についての正答率としては、「では、5年後には口座の残高はいくらになっているでしょうか。」という問いに対して「110万円より多い」と回答した割合を挙げている。但し、対象預貯金の商品性が明示されていないため、正解以外の回答者の中には、預貯金の商品性や税務等を考えて回答した者がいる可能性がある。 

 しかも正答率は、28.7%ではなく30.5%と書いてある・・。この日本人の正答率28.7%というのは、どこから出てきた数字でしょうかね。。

(追記)gyogyo6さん、コメントありがとうございます。28.7%というのは「1年後には102万円」かつ「5年後は110万円超」と答えた割合とのこと(資料26ページ)ということですね。