仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

「就活失敗」という言葉の違和感。それ失敗というより無謀でしょ。

www.iwata09.com

就活で40社受けたけど全部落ちたとか、100社以上エントリーして全部ダメだったといった「就活失敗」体験が語られることがあるけど、内定ゼロ」ってそもそも受ける会社を間違えているんじゃないの?という気がする。

たとえば、僕が乃木坂46の方たち全員に片っ端から告白して全員に振られたとする。そのとき「恋愛失敗」と言う言葉を使うだろうか?いちばんしっくりくるのは「無謀」という言葉じゃないか?

 

簡単に内定を取れる会社と、内定を取るのが難しい会社がある。企業ごとに偏差値(就職難易度)というのは確実に存在していて、旧帝大卒でコミュニケーション能力の高い人しか入社できない会社から、最低限の日本語の読み書きが出来れば入社可能な会社まで千差万別。そりゃー難易度の高い会社だけにエントリーしていたら、全部落ちることなんて容易に想像がつく。

おおむね就活の難易度は次のような感じなんだから(あくまで難易度の話。優劣のことではない)、自分に自信のない人は、難易度の低いほうから攻めるべき。

大企業>中小企業>零細企業>パート・アルバイ

「就活失敗」する人は、いきなりゲームの難易度をHARDに設定して、クリアできずに悲しんでいる人のようだ。ゲームが苦手なら、まずはEASYモードでクリアして、ゲームの腕を鍛えてからHARDモードにチャレンジしようよと。