仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

外資系企業・優良企業への転職なら「転職エージェント」を利用するのが圧倒的に有利ですよ

会社の同期が転職することになり、飲みの席で転職活動について話を聞いてきたので情報共有。

転職エージェントを利用したほうが優良企業にリーチ出来る

転職活動をするとき、どの求人媒体を活用して転職活動をするのか選択を迫られるんだけど、転職エージェント>転職サイト>求人情報誌>ハローワークの順番で企業の質が下がっていくようだ。

 なぜだろう?

企業側としては求人にかけられるコストはあらかじめ決まっているわけで、外資系企業・優良企業で資本力のある会社のほうが、中小・零細企業に比べて当然人材獲得にかけられるコストも上だ。転職エージェント経由の場合、企業は内定者の年収の30%~35%をエージェントに支払うのに対して、ハローワーク経由の場合は無料。だからお金のない企業は、転職エージェントで人材募集することすら出来ない。

 では逆に、どうして優良企業はハローワークに求人情報を出さないのか?

ハローワークの求人情報の質が劣るのは、優良企業がハローワークを利用しないからだけど、無料ならハローワークを使えば良いのにね。これは、ハローワークを利用する求職者の質が劣るため、企業側にとって玉石混交の応募者を選別するコストが余計にかかり結果的にコスト高になるかららしい。

 一方、転職エージェントの場合は、CA(キャリアアドバイザー)が求職者の市場価値・ポテンシャルを事前にチェックしてくれるから、企業に紹介できないレベルの求職者には、そもそも書類審査さえ通さない。つまり、転職エージェントが間に入って求職者をふるいにかけてくれるから、採用活動にかかるコストも抑えられるというわけ。

 人材不足だから、とにかく労働者をたくさん集めたい!離職率が高くても知らん!という企業がハローワークを使って人材を募集する傾向にあるわけで、ハローワークの求人情報に嘘が多いのも、質の低い劣悪な企業が集まっている証拠だ。

 まとめると、優秀な人材、優良企業なほど「転職エージェント」を利用する傾向にあるということ。

 転職エージェントを利用するメリット

メリット1:非公開の求人情報を利用できる。

 求人情報には、公開求人と非公開求人の2つがある。非公開求人とは、「非公開」の名前の通り、一般には公開されない求人情報ということ。企業は、どのようなスキルセットを保有する人材を求めているかという情報は、競合他社には知られたくないはず。それに、誰にでも情報を公開するのではなく、求める人材にマッチした人にだけ求人情報の詳細を伝えたほうが、採用活動の効率があがる。

 だから、仕事を探している側からすれば、転職エージェントを使わなければ、自分が希望する求人情報にすらリーチできないのだ。

メリット2:面接対策、職務経歴書の書き方などのサポートが充実

 転職エージェント経由の場合、CAが面接対策や企業との面接の日程調整をしてくれる。中には年収交渉も積極的に行ってくれるエージェントもある。(内定者の年収があがれば、エージェントの報酬も増えるからか。)

 転職エージェントを利用するデメリット

デメリット1:求職者の「人間性や熱意」は相手にされない

 企業がエージェント会社に出す求職者の条件としては「学歴」「職歴」「性別」など。いくら希望する会社に募集したくても、エージェントがフィルタをかけてしまい、「あなたには紹介できません」と門前払いされるケースすらある。つまり、その人の人間性や熱意は全く相手にされないというドライな世界なのだ。「学歴」「職歴」に自信のない方は転職エージェントを利用しないほうが良いだろう。