仕事辞めたいの?

外資系ビジネスマンが日本の「働く」を考える

最近のチケット転売防止対策がバカ過ぎる。なぜ完全な解決策があるのに広まらないの?

 チケットの転売問題って、まだ解決してないんですね。いったい関係者は何をやっているのか。そもそも、なぜ転売行為が行われるかといえば、単純に「転売行為が儲かるから」ですよね。定価7千円のチケットをオークションサイトに出品したら、定価の2倍以上の値が付くことは当たり前だし、人気アーティストのチケットなら、さらに高額で売れる。

 いくら転売目的でのチケット購入は都道府県の迷惑防止条例に引っかかるといっても、実際の取り締まりは難しく(転売目的であることの立証が困難)、いっこうに転売屋は減らない状況が続いている。別に転売行為を正当化する気はないけど、ろくに取り締まりもされずに楽に稼げるなら転売して稼ごうとする人間が出てくることは、ごく自然なことだと思う。

 で、この転売問題、主催者側が考えた防止対策がこちら。

1.チケットを購入した本人しかコンサートに参加できない。(本人確認の徹底)

2.オークションサイトなどで手に入れたチケットは無効。(転売チケットの座席無効化

これって、、転売屋には痛くも痒くもないよね?確かに、転売チケットが全て無効になれば売買が成立しないので、転売屋は多少は減るかもしれない。でも、急用でコンサートに行けなくなった人まで、オークションでチケットを売れなくなったら、正常な経済活動まで制限されることになる。

 で、本人確認とか中途半端な転売防止対策をした結果がこちら。

matomame.jp

 転売防止のために本人確認を導入したら、本人以外は参加できずに空席が目立ったという記事ですね。これ、主催者側にとってもマイナスだし、ファンにとっても悲しいことだよね。転売防止対策としては完全に失敗。結局、熱狂的なファン(いくらお金を払ってでも、ライブに参加したかった人)はライブに参加できなかったわけだからね。

 やっぱり、転売防止には「転売行為が儲かる」という図式を解消しないとダメだよ。いくら本人確認を導入しようと、転売チケットの座席を無効にしようと、絶対に転売行為はなくならない。だって、転売は儲かるんだもんw。

 チケット転売問題の解決策は、チケットをオークション形式で販売すること。これにつきる。これ以外の解決策はない。オークション形式で販売すれば、転売行為が儲からないから転売屋もいなくなるし、高額でもコンサートに行きたいファンを取りこぼさない。主催者側も最大の利益を享受できるし市場原理で価格は最適化される。

 どうして、根本的な解決策があるのに、この解決策が広まらないのか、不思議でしょうがない。